TOP > NEWS

NEWS

2021.02.25

自分のために抜け出してみよう。

IMG00824_2

 

環境や人間関係の変化など、

自分が変わっていくきっかけになることって

いくつかあります。

 

私は、

友達などの言動を見聞きして

「あ!私もずっとこのことにこだわってんだなあ。

 もうそんなことにこだわってないで

 この先のステージに進んでいこう。」

と、思ったことが何度かあります。

 

相手が自分と似たようなことをしていたり、

自分と同じような境遇で、

これまでの悲しかったり嫌だった経験を

ずっと引きずっているような状態だったときに、

「そんなのもったいないんじゃないかなあ」

「なんか煮詰まってそうやなあ」と思って

自分の変化につながっていくのですが、

そういうことは相手に対して思っているようで

実は自分自身に思っていることなんだと思います。

 

相手の姿に

自分で自分を不自由にさせている部分を

映しているんですね。

そうすることで自分自身を客観的に見れて、

「そんなことにこだわっていても

 結局、何も生まれないよね。

 何も変わっていかないよね。」

と、はっきり気づくのです。

 

おもしろいですよね。

 

自分ひとりだったら

殻に閉じこもったり

自分を甘やかしたりして

なかなかその状況から抜け出そうとしないのに、

他人を通してその状況を眺めた途端、

「あかん。抜けよう。」

と思うなんて。

なんて現金なんだろうと思いました。笑

 

そういえば、

泉ピン子さんのインタビュー記事を読んでいて

彼女は、今までに60億くらい稼いだそうなのですが、

ビルも持っていないし貯金もないんですって。

買い物が好きで、お気に入りのブランドものの服やバックに囲まれているそうです。

「一回きりしかない人生で、

 着たい洋服着て、好きなジュエリーつけて、

 好きなバック持って、食べたいものを食べた。

 誰かのために生きるのでなく、

 自分のために生きるのだから、

 私は自分の人生に悔いはないね。

 ビル背負って死ねないでしょ?」

と、語っておられます。

一方で、樹木希林さんは、

ものをほとんど持たない方でしたよね。

服も本当に必要な枚数だけだったと思います。

しみがついている服も

「(しみが)かっこいいでしょ」と、おっしゃってました。

服のことだけを考えると

正反対なお二人ですが、

どちらもかっこいいな、と思います。

自分が「こう生きたい」と思うとおりに

全てがうまくいくことは難しい中で、

意志に沿って生きている方って

見ていて気持ちが良いですよね。

 

何が言いたいかと言うと、

思ったようにやっていったらいいんじゃないか、

ということです。

ある状況から何か抜け出せないときって、

過去の出来事の中に自分を縛ってしまったり

周りからどう思われるのかを気にしていたりすることが

よくあるかと思います。

周りからの目を気にしたり

本当にしたいことをしなかったり

本当はしたくないことをしたりするのは、

なんだか自分がもったいないんだなあ、

と、結局は自分が(誰かを通して)

教えてくれたりするんですよね。

 

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 


2021.02.16

通院の他に取り組みたいこと

 

IMG03700_HDR

 

妊娠のためにいいこと、悪いこと

みなさんたくさんご存知だと思います。

ところで、

妊娠のために「いいこと」と「いいと言われていること」

「悪いこと」と「悪いと言われていること」を

線引きするのって難しくありませんか。

 

ネットの記事や

本を読んだりしていると、

どこまでが統計上、医学上本当に妊娠に関わることで

どこからが体験談の収集程度のものなのか

私もわからなくなることがあります。

体験談収集のものや、妊娠に良いと銘打って販売しているものも

自分にも効果があるような気になる文章で書かれてますし

そう書かれていると惹かれてしまう気持ちもわかります。

 

年齢や身体の状態にもよりますが、

基本的な生活習慣と食生活を整えて

心身を健康に保ちながら、

先生がすすめるようにやっていけば

妊娠の可能性はあると思います。

基本的な生活習慣と食生活というのは

毎日の十分な睡眠

たんぱく質不足にならないバランスのとれた食事

適度な活動(ごろごろしたままの一日を過ごさない)

嗜好品のある方はほどほどまでに。

これらは、こころを元気に保つためにも大切なことです。

妊娠のために

通院以外の何か取り入れてもいいのですが

こちらを整えるのが優先だと思うんです。

 

私も自分の暮らしを振り返ってみました。

毎日6時間前後しか眠れていなかったり

朝ごはんが果物だけの日が多かったり

お肉もお魚も食べていない日があったり

時折シャワーで入浴を済ませていたり

いろいろ思い当たることがありました…。

あかんやん!って思ったのですが

思い当たったことに気を付けて暮らせば

もっと健やかで快適に過ごせる可能性があるということ。

のびしろがあるので、うれしいです。笑

 

自分の中では今の暮らしが普通になっていて

暮らしが自分の心身を

どれくらい支えてくれているのか、

それほど気にしていませんでした。

これが毎日繰り返されていて

その積み重ねで自分が成り立っていると考えると

心身への影響はとても大きいですよね。

だから、日々の暮らしから

自分を大事にしてゆきたいと思っています。

自分に無理をさせすぎず

必要なエネルギーがチャージされている暮らしを

重ねていこうと思っています。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 

 


2021.01.29

姿勢を見直して、心身をあるべき姿に…

 

IMG00432

 

最近、調子はいかがでしょうか?

というのも、私の周りで、

体調がすっきりしないという話を

ポツポツ聞くのです。

私と同年代~10歳上くらいの方たちなので

年齢的なところもあるのかな、と思うのですけど。

たくさん聞くのは

むくみや冷え、便秘や下痢、

経血の様子が以前と変わってきたこと、

肩こり、腰痛、股関節がかたい、

マスクのせいで呼吸が浅い、

考え事が多い、なんとなく不安、

過去の出来事がひっかかっている、

など、ですね。

 

私は今になって、姿勢の大切さを実感しています。

小さい頃、親や先生に、

「姿勢が悪い!」「姿勢正しくしましょう」

と、指摘をされたことがわるのですが、

そのときは、身だしなみを整えるのと

同じような感じでの指摘だと思っていました。

けれど、姿勢が正しくないと歪みから痛みが出たり、

呼吸が浅くなったり、内臓が正しい位置からずれたりします。

結果的に、冷えや自律神経の乱れ、内臓機能の低下に

結びつくことがあるようです。

 

パソコンの前に座っていたり、

スマホを使っている時間が長い方は

特に姿勢が猫背になっていたり、歪んでいるかもしれませんね。

そして、多くの方がコロナのことで

緊張したり、身を守ったりされているかと思いますので、

身体に力が入って、前傾姿勢になっているかもしれません。

また、自分に自信がなかったり、

コミュニケーションが苦手な方も、

猫背になりがちと、よく言われています。

 

さて、姿勢を確認してみましょう。

両足の裏を地面につけて、

膝と股をタテに伸ばして、

腰を引かず反らさずに骨盤を立てて

背中を曲げず反らさずに立てて

肩を曲げず反らさずに立てて

肩甲骨も立てながら首も立てる。

身体の中心に一本の芯棒が通っているようなイメージで

曲げずに反らさずに立てて整えてみてください。

どうでしょう、いつも無意識にとっている姿勢と

何か違いはあるでしょうか。

姿勢を意識して過ごしてみると、

心身の調子もよくなるかもしれません。

姿勢を整えたら、息を10秒くらいかけて吐ききって、

3秒くらいで吸う呼吸を10回程度繰り返してみましょう。

正しい姿勢での呼吸は

いつもより深い呼吸になるはずです。

心身をあるべき姿に、少しずつ整えていきましょうね。

 

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 


2021.01.19

「私は、すごい!」

 

IMG00303_HDR

2021年になりましたね。

年が明けた途端に

コロナや寒波で

健康的な暮らしが心配になりますが、

元気に新たな年をお迎えでしょうか。

 

今年も採卵や移植が始まっていますし

卒業された方々もおられますし

新しく当院へお見えの方々もおられます。

いろんなことがありますが

できるだけ穏やかに過ごしながら

できることを粛々とやっていきたいですね。

 

私は、みなさんが初めて当院を受診されたときに

お会いする機会が多いのですが、

そのときに、どういった経緯でここに来られたのか

うかがうことがあります。

端的に説明してくださる方は、

「排卵検査薬も使ってタイミングとってたんですけど、

 半年経っても妊娠しないんです。

 何か原因があるのかな、と思って、不妊専門だったんでここに来ました。

 本当はもうちょっと早く来るか迷ってたんですけど…。」

というように、だいたい2~3文で説明してくださいます。

本当はみなさんそれぞれ、ここに来られるまで

時に誰かにドキッとさせられることを言われたり、

パートナーさんに気を遣って言えないことがあったり、

妊娠に至らないことが歯痒かったり、と

この2~3文の中には感情が揺さぶられるいろんな体験が

含まれていることが多いんですよね。

 

そして、通院しだしてからも

検査で問題なかったのに妊娠に至らなかったり、

人工授精に進んだと思ったら半年も経たないうちに

体外受精のことを考えることになったり、

パートナーさんに気持ちを分かってもらえていないことに悲しくなったり、

やっと妊娠したけれど赤ちゃんが育っていかなかったり、

何度も体外受精をしていて受精卵ができるのに妊娠はしなかったり、

思ったより歳を重ねていくことになって「こんなはずじゃなかったのになあ」と思ったり…

それぞれにいろんなことを体験されたりしますよね。

 

みなさん、いろんな想いがありながらも、

ご自分たちの目的に向かって

頑張ってらっしゃって、

本当にすごいなあ、と感服しています。

 

なので、「私、すごいなあ。めっちゃ頑張ってるやん。」

って、自分にちゃんと感心してほしいと思います。

だって、もしも、みなさんが体験していることを

お友達から聞いたとしたら、

「すごいなあ。〇〇ちゃん、頑張ってるなあ。」

って、自然と思うのではないでしょうか。

自分のことも同じだけ、感心しながら、

過ごしてもらいたいなあ、と思っています。

 

 

 

臨床心理士   間塚

 

 

 

 

 

 


2020.12.26

今年のこころの整理、おすすめします

 

IMG00142_HDR_2

 

いよいよ年の瀬が迫ってきました。

今年一年、みなさんにとってどんな年でしたか?

 

このブログを読んでいらっしゃる今、

もし、お一人でゆっくりできるようでしたら、

「私にとってどんな一年だったかな?」

と、自分に問いかけてみてください。

どんなことが思い浮かびますか?

 

思い浮かべたことについて

「こういうことが印象に残っているんだなあ」と

気づいておきましょう。

 

「これはすごくよかった!」ということもあれば、

ものすごく困ったこともあったかもしれません。

そのとき、困ったことであっても

今はそのように感じていないかもしれませんし、

今もまだ気がかりが続いていることもあるかもしれませんね。

 

大切なことは

それぞれの内容というよりも、

そのことを今はどのように感じているのか、

ということなんだと思います。

 

「このことはすごくよかった、と感じているんだなあ。」

「あのときはすごく困ったけど、今は7割くらいスッキリしているなあ。」

「このことには、今もモヤモヤした感じがあるなあ。」

と、一つひとつのことに対して、

今の自分がどのように感じているのか、

気づいておきましょう。

 

いかがでしょうか。

どんなことを感じられましたか?

 

さて、では来年に向かうために

少し整理をしたいと思います。

 

想像してみてください。

思い浮かべたそれぞれの内容ですが、

「ここなら置いておいて安心」

というところを探して、置いてみましょう。

 

どんなところでもかまいません。

(例えば、星空に浮かんでいる雲の上など

 どこでもいいんです。

 もちろんご自身の身近なところでも構いません。)

そこに置いておいて

こころでしっくりきたり落ち着くようなところを

見つけてみてください。

「ここかな?」と思い当たったら

本当にその場所がOKなのか、

こころに確認してみてください。

OKになるまで探してみましょう。

一つひとつ順番にそれぞれの場所を探して

置いてみてください。

 

置けましたか?

 

置けたら、

今年一年頑張った自分を労ってください。

「よく頑張ったよね」

「ちゃんと前に進んでいっているね」

自らの想いをしっかりと

自分で受け止めてください。

 

いかがでしょうか。

今、どんな感じがしていますでしょうか。

 

みなさんのこころの整理に

役立っていればいいなあ、と思います。

 

今年の年末年始は冷え込みそうですね。

温かくして、よいお年をお迎えください。

 

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 

 


2020.12.17

自分に起こっていることを、別の視点で見てみること。

 

IMG00716_HDR_2

 

早いもので、あと2週間で今年も終わりです。

とてもイレギュラーな一年だったように思いますが、

みなさんの暮らしはいかがでしたでしょうか。

 

リモートワークになって

気が楽に過ごせたという方もいれば

人に会えないからさみしいという方もおられました。

いつもと違う暮らしを余儀なくされると、

普段の何がプレッシャーになっていて

何が支えになっているのかを、

改めて実感しますね。

 

この間、友人が、

「私、スピリチュアルって興味なかったけど、

 友達が、今までの世界は、山羊座の土の時代やったんやけど

 12月から、水瓶座の風の時代に入るって言ってて、

 これって200年に1回くらいのタイミングらしいんよ。

 ほんで、その流れに乗れている人は、

 関係が切れる人とは切れていって、

 本当に大切な関係の人だけ残っていくんやってって言われて、

 私、そういや、切れていく人とは切れていってたなあ…

 私この流れに乗れてたんやなあ…って思った。」

と、言っていました。

 

スピリチュアルや占星術というものを

信じるかどうか、親和性があるかどうかは、

一人ひとり違うので、その点に関しては置いておきますが、

そういったものは、

自分に起こっていることや

世の中の流れ、時代の流れにおける事象について、

どういうことで起こっているのか、一説を担うものではあるかと思います。

 

特にそういった説明を受ける機会がなくても

人生は進んでいくわけですが、

そういった説明が自分の中でしっくりきたときは

ものすごく意味のあるものとして

価値づけられるのだと思います。

そして、そのことで、

自分自身のことを

肯定できたり、安心できたり、

こころの支えになったりするんだと思うんですよね。

 

基本的には自分の尺度で

人と関わったり、物事を判断することが大前提ですが、

その上でさらに、

「こういう流れがあったからそうなったんだよ」

という説明があってそれがしっくりきたときは、

こころが「そっかあ!そうなんだ!」

と、返事するのでしょうね。

 

やっぱり、誰かに、

「ちゃんと進むべき方向に進んでるように思うよ」

と、言ってもらえると、

単純にうれしい気持ちになると思います。

スピリチュアルや占星術のセラピストに限るわけでなく

時折、そんなふうに、

自分の過程を誰かと一緒に確認できる機会をもつのもいいものですね。

 

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 


2020.12.05

心身両面からのサポートを。

IMG00459_2

 

不育症検査の保険適用外の検査について

最大5万円助成することが検討されていると、

ニュースで耳にしました。

 

流産・死産を経験された方で、

その後、不安障害やうつのような精神状態になる方が

約 75 % おられるそうです。

どういった背景で妊娠されたかによっても

受け止め方が変わってくると思うので、

妊娠を強く希望していた人だけに絞って調査をしたら、

不安障害やうつの状態になられる方は

もっと多いんじゃないか、と、推測されます。

 

流産や死産のことを

旦那さんしか知らないこともあるでしょうし、

職場の方や親族の方には知らせていても

ご自身の現状や気持ちは

全てを言わずに包み込んで、

周りに気遣われないようにしている方も

おられると思うんです。

 

そういった体験をされたみなさんへ

カウンセリングの保険適用も考えられていくと

ニュースでは伝えられていました。

そういった状況のときは

カウンセリングを受ける機会を

できるだけたくさんの方がもてるように…

という方針であり、推奨なんでしょうね。

流産・死産のあと、

カウンセリングを受けながら次の妊娠に向かっていった方は、

赤ちゃんを授かられる確率が高くなるという

研究結果も出ています。

 

自分が本当に思ったり感じたりしていることを

誰かに伝えるということを、

勇気がいるように感じる方もおられるでしょう。

経験上、本当に思っていることや感じていることを

表現しないようにしていると、

余計に心がカチコチになるように思っています。

もちろん、カウンセリングというかたちでなくても

心を大切にしていける機会があって

健康に過ごせることもあると思うのですが、

あまり「カウンセリング」という名前にかまえずに

話しに来ていただけたら…と思っています。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 


2020.11.24

家族のカタチ、それぞれ。

 

IMG00464_3

 

卵子提供を受けて第1子を授かった友人から

第2子も授かったよ、とお知らせがありました。

 

家族のかたちに思いを馳せながら振り返ってみると、

私の周りには、

授かり婚の人、

結婚して1~2年で授かった人、

結婚して何年も経ってから授かった人、

結婚後、一般不妊治療で授かった人、

治療は人工授精までと決めておられてご夫婦住まいの人、

体外受精へ進んで授かった人、

子どもを持つかどうか迷っている人、

不妊治療は受けない選択をした人、

子どもを持つには高齢だからと夫婦2人で生きていくことにした人、

結婚はしない主義な人、

いつかは結婚できたらいいなと思っている人、

子どもがいて離婚した人、

子どもがいる人と結婚したからもれなく母になった人など、

いろんな人がいます。

 

私は決して友人が多い方ではないと思うのですが、

本当に一人ひとり違うんだなあ、と思っています。

みんなちゃんと「自分」を生きているのだな、と思っています。

みんなどこかで何かの選択をして、

その選択の先の責任をとっているはずなんです。

 

体外受精をして2人子どもを授かったけど、

子育てのことですごく落ち込んでうつっぽくなった方もいます。

他の人からも、子育ての壮絶さは聞いています。

とはいえ、子どもの存在に喜びを感じておられることも事実です。

子どもがいらっしゃらない夫婦も

2人で同じ仕事をしながら夢を叶えたり、

お互いやりたいことをしながら暮らしを共にしたり、

それぞれに喜びがおありのようです。

恋愛を独身らしく楽しんでいる友人もいるし、

結婚制度に価値を感じず、自由に暮らしている友人もいます。

 

どの人生においても

それぞれの喜びと大変さがあるのだと思います。

 

どの人生がいいかどうかなんて決められるものではないですし、

いつ何があるかは分からないとはいえ

まだまだ先の人生がある方のほうが多いでしょう。

本当に自分の人生がよかったと思うかどうかなんて

生き切ってみないと分からないですよね。

 

その過程で起こることは

妊娠のことに限らず、

自分の力だけでは叶わないこともあると思いますし、

思いがけない災難だってあると思うのです。

 

だから、願いが叶わないからといって

不幸ではないと思うんです。

 

ただ、願いを叶えるために、

自分たちがどこまで努力してみるのかを

ちゃんと選択したという体験は、

この先を生きていくのに

支えになる体験だとは思っています。

 

家族のカタチがどういったカタチでも、

自分が所属する家族や自分自身を

自分が愛おしく想っていることが、

とても大切なように思っています。

 

 

 

臨床心理士   間塚

 

 

 

 


2020.11.09

こころのもやもやに対してのアプローチ

IMG00495_HDR

 

「旦那さんはすごく協力してくれるし

 職場も理解があるので、

 通院していることにストレスはないんです。

 そういう意味では恵まれているんです。

 ただ、これから体外受精していくんですけど、

 採卵ってどれくらい痛いんですかね。

 受精卵どれくらいできるかな…

 体外受精しても妊娠しなかったらどうしよう…

 そういった不安はあります。」

 

何をストレスと認識するか、とか、

どの程度の負担をストレスがあると思うか、とか

人それぞれだと思うんですよね。

だから、不安はあるけどストレスはないという人もいれば、

その不安をストレスだと思う人もいらっしゃいます。

 

今こころにあるもやもやや、すっきりしない感じを、

「なんか、そういうのがあるなあ」

と、分かっていることって大事だと思うんです。

ストレスや不安、緊張などがあるのは

自然なことかと思いますので、

まずは「私、そういうふうに感じている」

ということに気づいておくということ、

自分の実感を無視しないということが、

とても大切なことだと思います。

 

そういった感じに気づいたら、

そのもやもややすっきりしない感じに

自分だけのタイトルをつけてみるのもいいと言われています。

例えば、

「先の見えないトンネルの中」

「人生で一番むずかしいことに挑戦中」

「長いジェットコースターに乗車中」

という具合に。

この、もやもややすっきりしない感じって

もっと、ぴったりくる感じに言い表せないかなあ、

と、探ってみてほしいです。

ぴったりする感じが見つかったときは

けっこう腑に落ちたり

こころが動いたりすることがあります。

 

また、そのタイトルがぴったりくる今の自分には

どんなふうなサポートをしてあげるとよさそうか、

想像しやすくなるかもしれません。

こころがもやもやしたり、すっきりしないという感じって

今の自分に対しての何かのシグナルだと思うので、

何のお知らせなのか考えてみる機会にもなりますよね。

 

そして、そういうふうに感じているということを、

誰かに話しているということも

支えになるかと思います。

話すことで

今まで自分でギューッと抱えてきた感情を

手放すことにつながりますよ。

 

ストレスがあるかどうか、に関わらず、

自分のこころに何か

ひっかかっていたり、もやもやしていたり

すっきりしなかったり、窮屈だったりする感じがあったら、

是非、そのことを話しにいらしてくださいね。

 

 

 

臨床心理士 間塚

 

 

 

 

 


2020.10.30

治療のおわりの先の物語。

 

IMG00183_HDR_3

 

「朝が来る」という映画を観ました。

 

不妊治療をやめられて

特別養子縁組で赤ちゃんを迎えた夫婦と、

中学生で妊娠して育てることができず

その夫婦に赤ちゃんを授けた女性の物語です。

 

私が観た映画館は

隣の席を空席にする感染対策がなされていました。

鑑賞席はほぼ埋まっていて

ご年配の方が多かったように見受けられました。

 

赤ちゃんを迎えた夫婦(因みに、井浦新さんと永作博美さんです)は、

不妊治療をやめて

二人で楽しく過ごされている中、

温泉旅館に宿泊中に

TVから流れてきた特別養子縁組のドキュメンタリーをみたことがきっかけで、

二人で子どもを育てたいという希望を持たれました。

夫婦で特別養子縁組の斡旋団体の養親の会に参加されるシーンもあるのですが、

実際に特別養子縁組でご家族になられた方々も

映っておられました。

 

一方、望まない妊娠や、

望んでも育てられない妊娠というのも起こることなので、

赤ちゃんを産んで

斡旋団体に引き渡される方々の姿も

真摯に描かれていました。

 

ご夫婦間での妊娠が難しかった場合、

精子提供や卵子提供を受けるのか、

二人の人生を歩んでいくのか、

どなたかから産まれた子どもを育てていかれるのか、

もしかしたらこれをきっかけにお別れなさるのか、など

いろんなこれからがあると思うのです。

何が良くて何が悪いのか、

何が正解で何が間違いなのか、という

一義的な物差しが全く当てはまらないことって

たくさんありますよね。

 

さて、カウンセリングルームでは、

「治療の長いお休みや終わりのときのセラピー」を始めました。

しっかりとお時間(70-80分)をお取りして、

今考えていることや思っていることをお伺いしたり、

これまでのことを一緒に整理したりして、

噛み切れない想いも納得できる想いも大切にしながら

これからへの暮らしへ向かっていただくための機会になれば…

と思っています。

 

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 


1 / 1712345...10...最後 »
よくあるご質問