TOP > NEWS

NEWS

2019.08.16

自分の幸せ、それぞれの幸せ。

 

IMG01439_HDR_2

 

多くの人が

「幸せだ」と感じるだろうことを

必ずしも自分も

「幸せだ」と思うとは限らないなあ

と、思っています。

 

だって、誰かに

「よかったね。幸せやね。」

と言われたから

「私、幸せ」

って感じるわけじゃないですから。

 

周りの人と価値観が違ったときに

「相手の人に合わせないと!」

「あれ?私、ズレてる?」

と、自分の価値観を訂正しようとする方も

いらっしゃるかとは思いますが、

こういうことは

相手に合わせるものでも

みんなと一緒じゃないといけないものでもないなあ

と、思っています。

 

そういった誰かとの違いにぶつかると、

自分がどういう人なのかという

自分の土台や輪郭を

感じることができるので

おもしろいですよね。

 

自分の選択や生き方について

周りの人から驚かれたり

不思議に思われたり

意見を押し付けられそうになったり

することもあるかもしれないですが、

それはもう

その人との価値観の違いってだけで、

相手の価値観にそぐわないからといって

もし相手が気分を害したとしても

「だってしょうがないじゃん。違う人間なんだから。」

と、私は思います。

どうして相手の価値観と

同じじゃないといけないのでしょうか。

 

人の生き方や価値観は

この先、もっともっと多様化していくんじゃないかな、

と思っています。

「こうじゃなきゃ」という枠組みは

どんどん緩くなっていくと予想しています。

 

自分の価値観と

周りの人たちの価値観は

それぞれに存在していてよくて

それぞれが同じくらい大事なものなんですよね。

どっちかが正しいとか

どっちかが尊いとかでは

ないはずなんです。

 

自分が幸せかどうかなんて

自分にしか分からないものです。

誰かに判断されるものでもないし、

誰かのそれと比べられるようなものでもないですね。

誰がなんと言おうと

自分にとっての幸せって

たくさんあるんじゃないでしょうか。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 


2019.08.10

からだから、こころから、自分をケア。

 

IMG01407_HDR_2

先日、足もみマッサージの講習会を受けにいってきました。

 

足の裏には、からだの部位や臓器や神経の反射区があって、

そこを圧したりするのですが、

自覚している症状と関連しているところが本当にゴリゴリでした。

施術もしてもらったのですが

そこまで気にしていなかったところもゴリゴリしていて…。

自分の状態を客観的に知ることができました。

 

からだのことも、こころのことも、

自己判断しないで

専門の人に診てもらう機会をもつことは

とても大切だなあ、と思いました。

 

私が習った足もみマッサージは、

毎日続けてやると

年齢÷10=○ヶ月を目安に

効果があらわれてくるそうです。

 

そう聞いて、私は、

「毎日ってなかなか大変だなあ」と思いました。

すると、先生が、

「一流のスポーツ選手って絶対ケアしているんです。

だから実力が発揮できるんですよ」

と、仰ったのです。

 

私は、自分をケアするということに

なんだか特別なことのような印象があったのですが、

そう言われてみると、

「そっか!当たり前にするものなんだあ」

と、思えました。

 

スポーツ選手じゃなくても

みんな毎日の暮らしを

頑張っているものですよね。

 

からだにもこころにも

ささくれたところへは絆創膏を、

傷ついたところからは膿みだしを、

耐えたところには温かく手を充てて、

また明日いつもの自分でいられるように

しっかり自分をケアしてあげたいな、

と思うようになりました。

 

みなさんは、何か特別疲れたわけではなくても、

自分のこと、ケアされていますか?

 

マッサージの先生に私の仕事を伝えて

妊娠に効果があると言われている

足もみのやり方も教えてもらってきたので、

これはまた、院内のカウンセリングルーム通信で

ご紹介できればと思っています。

 

 

臨床心理士 間塚

 

 

 

 


2019.08.05

こころ、ってむずかしい。

IMG01356_HDR_2

夏が来ました!

豊かな食事とぐっすり睡眠で

夏に乗っていきたいですね。

 

最近、“こころ”というものを、

ああ、むずかしいなあ、と感じています。

学問としてのこころを説明できても、

「こころってなんだろう?」

と、思ったりしています。

臨床心理士ですが、

こころ、は、ずっとずっとむずかしいです。

 

なんだかですね、

“考え”だったり

“信念”だったり

人生で培った“傾向”や“反応”だったりに

こころが支配されているような気がして、

(もしくは、そうすることでこころを保っているのかもしれませんが)

こころがどうなのか

よく見えない感じがしています。

 

こころが感じていることを

いちばんにした暮らしって

なかなかむずかしいんじゃないかと思います。

そして

自分のこころが

本当に何を感じているのか

わからないよ~!

という方も少なくないと思うんです。

 

「こうじゃなきゃいけない」

「こうすることが素晴らしい」

「本当はこうしたほうがいいと思うけど…」

「こんな自分じゃ愛されない」

というようなことが

幾ばくかこころを見えなくしちゃうように

感じています。

 

そういう生き方って

多かれ少なかれ誰でもそうですし

身についてしまっている部分が多いですよね。

 

でも、人って

今までのこととか

誰かの間でできあがった関係性とか

当たり前に請け負ってきたこととか

「そうじゃないといけない」って思っていたこととか

いつでも手放していいはずですよね。

 

なので、

自分の中でしみついている考えなんかを思い浮かべたときは

「そういう自分じゃなくてもいいんやで?」

って、自分に伝えてあげることにしています。

すると、ちょっとこころが開いている感じがしています。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 

 


2019.07.20

自分の中だけで怒らないで。

 

IMG01218_HDR_2

友達が妊娠したり

親族が妊娠したり

同僚が妊娠したり…

そういった周りの人の妊娠の知らせには

こころが大きく揺さぶられますよね。

「おめでとう!」 「わあ、よかったね!」

と、他の人たちが妊婦さんに笑顔を向ける中、

おめでたいことだけど

祝福する気持ちにはならなくて

困る方もたくさんおられます。

 

同僚に妊婦さんがいると

産休に入られるまで

大きくなってゆくお腹をみていくことになりますし、

その人が他の同僚と

妊娠のことや出産のことを話していると

その場にいづらかったり

会話に入っていきにくかったりすると、

みなさんからよくおうかがいします。

 

妊娠したいと思っていることを

信頼できる同僚が知ってくれていると、

ちょっと心強かったり

気を回してくれて助かったりすることも

あるみたいですね。

一方で、

こういった状況だから感じる

自分が思ってるまんまを

誰にでも十分に察してもらうのはやっぱり難しいですよね。

私も聴いていて、こころがざわざわしましたが、

「妊婦さんのお腹撫でたらご利益あるから、撫でさせてもらったら?」

と、強引に撫でさせられたなんてことを

仰っていた方もおられました。

状況を伝えてなくて配慮してもらえないのは

仕方がないところもあるかもしれませんが、

伝えているのに

言われたくないこと言われたりすると

悲しい気持ちになりますよね。

 

こういうときに

「そういうこと言わないでもらえますか?」

と、口にするのは難しいのですね。

家族にはそうやって言っている人はいますが、

他人には言いにくいですかね。

そういうときの悲しくて腹が立った気持ちを

言えないままで

こころにひっかかっているなんてこと

ありませんか。

 

「腹が立った~!もう、なんなん~!」

というエピソードも

めっちゃウェルカムなので、

自分の中だけで怒らないで

カウンセリングルームに

話しに来てくださいね。

 

 

臨床心理士 間塚

 

 

 


2019.07.12

いつも、いつでも、自分を労って。

 

IMG00985_HDR_2

 

当院の初診時の問診票に

“ストレスはありますか?”という質問があって、

“はい” か “いいえ” でお答えいただいているのですが、

どちらにも○がついていなかったり

“はい” と “いいえ” の間に○をつけておられる方が

実は少なくないのです。

 

そういった方にストレスについておたずねすると

「ないとは言えないけど、めちゃくちゃ溜まってもないんで…」

「ストレス、あるのかどうかわからないんです」

「ちょっとはあるとは思うんですけど、まだ我慢できるんで」

というようなお返事が多いです。

みなさん、ほんと、誠実にお答えくださっているんですね。

 

「ストレスがあります!」と、はっきり自覚している人は、

ストレスを減らせるように工夫したり、発散したり、

自分を労ってあげようとしたりすると思うんです。

「ストレスはあるけど、困るほどじゃないです」という場合だと、

ちょっと大変でも頑張れちゃう人が多いんじゃないかな、と思っています。

 

自分では特に「頑張った!」という実感がなくても

「大変なのは自分だけじゃないし…」という思いがあっても、

頑張らないといけないわけではないし

自分を労ったり、自分を楽にさせてあげたらいいと

私は思っているのです。

人間って、なんか、

「頑張ったからご褒美あげよう」というような

“~したら”  “~だから” って風習がありますが、

「そんな条件つけなくていいのに…」

と、常々思っています。

だって、いつでも自分にやさしくできるほうがいいじゃないですか。

 

ストレスがあってもなくても

いつもより疲れてなくても

そのときの自分を労ることができる。

こころが喜ぶことをできる。

身体が楽になる工夫ができる。

こういった日々の積み重ねが

“ストレスが溜まっている” 状態にならないような

工夫のひとつなのかな、と思っています。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 

 


2019.07.06

自分自身のちょっとした変化を楽しむ。

 

IMG01113_HDR_2

 

私がみなさんに初めてお会いするのは

カウンセリングルームの利用案内をさせていただくときです。

 

そのときに、困っていたり不安なことがあれば

ちょっとおうかがいさせてはもらっているのですが、

そのときは、なんというか、

心理カウンセリングにはなっていないです。

初診の日に利用案内もさせてもらった場合は特に

お話をおうかがいする時間もそんなにないですし、

どちらかというと、助言とか情報や知識の提供の方が多くなりがちです。


当院のカウンセリングは30分と50分のコースがあります。

心理カウンセリングに興味がある方は、

改めてカウンセリングに来ていただきたいと思っています。


カウンセリングって、

「どんな内容のことを話してもらってもかまいません」

というのは本当なのですが、

そういう条件って

「どれだけ大変な話でもかまいません」

というふうに、受け取られがちだなあ、と思っています。

「わざわざカウンセリングに行くような内容のことじゃないかも…」

と、自分では思うようなちょっとしたことでもいいですよ、とも

声を大にして言っておきたいです。


大切なのは、内容がどういったものかではなくて、

自分が感じていることをどれだけぴったり話せたかどうか

だと思っています。


内容自体、すぐに解決することでもなかったりすると、

「話に行っても、現実的には何も変わらないし」とか、

「結局自分がどうするか次第だし」とか、

受ける前にあれこれ迷うこともあるかもしれません。

変わるのは現実面ではなくて、

話に来られた方自身の“なにか”や“どこか”です。

そして、そういったご自分の中の変化で、

現実面もおのずと変わっていくところがあると、

私は思っています。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 


2019.06.28

「わあ~、すごいね!」「とてもいいね!」

 

IMG01074_HDR_2

 

誰かにほめてもらうって

とてもかけがえのないことだなあ、と

最近特に思うようになりました。

子どもやペットは、ちょっとしたことでほめられるのに、

大人になってからはほめられるのも一苦労です。笑

 

ほめられたことって

ものすごく自信になりますよね。

すると、どんどん能力が発揮されますし、

その先、難しいことがあったとしても

「乗り越えてやるぞ」と燃えることでしょう。

 

ほめてもらってなかったら

自分の力を

自分の基準の中だけで評価しますので、

周りの人たちが

「すごいね!」 「いいね!」

と、言ってくれるようなことだとは気づかないまま…、

ということもあります。

 

子どものころに「すごいね!」「いいね!」と言ってもらったことを

大人になってからの仕事につなげている方って

多いのではないでしょうか。

 

自分の何かに

もしくは、したことに対して

「どう受け取ったのか」

伝えてくれる人がいるというのは、

とてもありがたいことなのですね。

 

そういうことって

もう長いつき合いだったり

気を遣わない関係だったり

そこまで親しくない関係だったりすると、

相手に対しての「すごいね!」「いいね!」を

なかなか伝えなくなっているなあ、と思うのですが…

みなさんはいかがですか?

 

ひょっとすると、伝えないのは、

もったいないことなのかもしれません。

「すごいね!」 「いいね!」 と感じたときに

誰にでもそう伝えられる人でありたいです。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 


2019.06.24

ようやっと梅雨の気配でしょうか。

 

IMG00966_HDR_2

 

この間、不妊治療をしていた友達に会いました。

彼女に、

「ねえ、不妊治療をしている人って何か特徴ある?」

と尋ねられました。

治療をしていた本人にそんなこと尋ねられるとは思っていなくて

びっくりしながらこれまでを振り返ってみたのですが、

「え…?そうは言っても、

身体の状態も、子どもが欲しい思いも、状況もそれぞれだからねえ…」

というのが、私の率直な感想でした。

 

その後も彼女の質問は、なんとなく私の頭に残り、

今まで出会った方に特徴があったのかなあ、と

思い巡らせていました。

 

ふと、思いついたことは、

たくさんの方が時間と闘っているということでした。

「○○歳までに妊娠したいんです」

「友達が妊娠したんで、私も同級生にしたいんです」

「今度、里帰りするときには、妊娠の報告がしたんです」

「来年から仕事が忙しくなるので、今年度中に妊娠したいんです」

「夫が単身赴任するので、それまでに妊娠したいんです」

「体外受精にすすむまでに妊娠したいんです」

「今回の体外受精で妊娠しないとダメなんです」

事情はそれぞれなのですが

自分の中で「~までに」と願っているということを

聴く機会が多かったように思います。

 

周りの環境との兼ね合いで

「どうしても~までに」

と思う気持ちを、抱くことはあると思います。

妊娠を“自分のことだけ”として考えていくことが

難しいときもありますよね。

それに、経済的にも精神的にも

早く結果が出てほしいとは

誰もが考えることだと思います。

 

期限のことを思い過ぎると

気持ちってついていかなくなることがあります。

お話を聴いていると

「やっぱり考えすぎるとしんどいから、もう検索はやめました」

と、工夫されていたり、

「友達が出産して、同級生になれないってわかったら、ちょっとふっきれた」

と、時間の経過と状況の変化で楽になれたりすることもあるようですね。

そんなふうに

妊娠を望んでいる自分の気持ちと

うまくつきあえる距離感を探ったり

時間が経過したり状況が変わる中で

「~までに」と強く願う気持ちも

変わっていくことがあります。

願ってらっしゃった期限を過ぎても

通院を続けておられる方たちは、

きっとどこかで気持ちを切り替えられたのですね。

みなさんの力の入り具合も、

ちょうどいいくらいに落ち着いていきますように。

 

 

臨床心理士 間塚

 

 

 


2019.06.13

“ちゃんとやってきたこと”を、覚えておく。

IMG00820_HDR

 

誰だって病気になりたくないのと同じように、

通院せずに子どもを授かりたいものだと思います。

 

初めて受診した日、

気になっていた検査を受けたとき、

薬を使ってみたとき、

人工授精にすすんだとき、

採卵したとき、

移植したとき…。

そうやって、自分の中で、

ハードルのように感じていたことを

受け入れていくときは、

そんなふうに頑張った自分を

誇らしく感じることがあるのではないでしょうか。

大きな一歩ですものね。

 

通院を始めてからこれまでのことを

“今までやってきたことを

 誰とも比較することなく

 ただ自分の文脈の中で振り返ってみる。”

そういった振り返り方をすることはありますか?

周りと比べず、純粋に自分のことだけを考えると、

自分に対して

「よくやってきたよねえ」

と、実感することがあると思います。

その実感は、自分で自分を支える力になると思います。

 

通院されている方みなさんの願いは同じですが、

その過程は1人ひとり違いますよね。

治療内容を通して

パートナーさんとよりしっかり向き合えるようになったり、

仕事の仕方を工夫してみたり、

自分たちの中でいろんな変化があることでしょう。

そうやってちゃんとやってきたことを

日々の流れの中に埋もれさせてしまわずに

“ちゃんとやってきたことだ”と

シールを貼っておきませんか?

先のことを想像して不安が大きくなったときに、

貼っておいたシールが、落ち着きをもたらせてくれるように思います。

 

 

臨床心理士 間塚

 


2019.05.30

自分に合った病院に。

IMG00864_HDR_3

待合室に、“Jineko”というフリー雑誌が置いてあります。

Jinekoは不妊・不育症を生きた方へのインタビューや

不妊治療専門医による悩み相談やアドバイスなどが掲載されています。

 

治療に通っている方へのインタビューを読んでいると

通っている病院が自分に合っているかどうかが大切と

何人かの方が仰っているのです。

 

周りに不妊治療をしている方がいたら

その方たちからも情報が入りますし、

治療をしている方のブログを読んでいる人も多いでしょう。

なかなか結果が出なくて

「本当に妊娠できるのかな…」って思うときに、

誰かが「この注射打った周期に妊娠したよ」とか

「採卵の方法を変えたら、卵が何個か育って妊娠できたよ」と言っていると、

「私にはすすめられないけど、大丈夫なのかな?」

と、ちょっと懐疑的になってしまったりすることもあるみたいですね。

 

妊娠のためのすすめ方って、病院によって違います。

そして、みなさんの状況や状態によっても変わってきます。

誰かが妊娠した方法は

そのカップルにあったものであっただけではなく、

そのカップルが妊娠するタイミングだったのだと思います。

 

妊娠を待っている間、

いろんな情報にこころが揺れると思います。

もちろん、今取り組んでいること以外の方法を知らない場合もあるので、

正しい情報は役に立つこともあります。

ただ、得た情報が、自分にも試す価値がありそうなものなのかは、

先生に尋ねてみられませんか?

なぜこれはすすめられないのか、

なぜこれをすすめられるのか。

ちゃんと説明してもらえると、ほっとしたり、合点がいきますよ。

 

そう考えると、コミュニケーションってとても大切ですよね。

自分に合っている病院かどうかは、

“妊娠に対して満足のいく治療をしてもらえた”ということだけでなく、

“聞きたいことをちゃんと聞けて、答えてもらえた”

ということも含むんだと思います。

何かひっかかることがあったり、

聞いてみたいことがあれば、

先生やスタッフにたずねてみてくださいね。

 

 

臨床心理士  間塚

 

 

 


1 / 1112345...10...最後 »
よくあるご質問