TOP > 当院の不妊治療 > 体外受精(IVF)

体外受精(IVF)

当クリニックは不妊治療専門クリニックとして
最善の環境を整えた施設づくりに力を入れています。

体外受精(IVF)とは、排卵前の卵子を体外へ取り出し、培養容器内で精子と受精させ、分割した受精卵を子宮の中へ移植する方法です。当クリニックでは、採卵から受精卵の培養、観察を、卵に負担がかからないように配慮した環境で行っています。

体外受精では卵管で行われている過程を体外で行うため、不妊原因が卵管因子である場合は、最初から体外受精が選択されます。その他に以下のような場合が対象となります。
・一般不妊治療で妊娠しない場合
・精子が少ない乏精子症または精子の動きが弱い精子無力症の場合
・高齢の場合
・抗精子抗体陽性の場合
・AMHの値が低い場合 など

また、最良の受精卵を得るために、排卵誘発についても、現在までの治療の結果をふまえながらご相談のうえ、希望に沿った最善の方法をご提案していきます。


顕微授精(ICSI)

高度な医療技術を必要とする顕微授精

顕微授精(ICSI)とは、卵細胞質内精子注入法といい、顕微鏡下で成熟した卵子の細胞質内に精子を1匹、細かいガラス管を使って直接注入する方法です。
不妊治療の最終段階のステップに位置しており、以下のような場合が対象となります。
・体外受精では受精しなかった受精障害の場合
・精子の数が少ない乏精子症や精子の動きが弱い精子無力症の場合 など

当院では、ご夫婦の希望・過去の治療経過・当日の精液所見などをもとに、ご夫婦と培養士が一緒に受精方法を検討し、ご夫婦にとって最良の方法を提案します。


胚移植

胚移植

移植方法には、新鮮胚移植と凍結胚移植の2通りがあります。
新鮮胚移植は、採卵した周期に移植をする方法です。
凍結胚移植は、受精・分割した胚を凍結保存しておき、子宮内膜や卵巣の状態を整えてから移植する方法です。また、凍結胚移植には、ホルモン補充周期と自然周期があります。

どの方法が適しているのかは個々で違ってきますので、その周期にあった方法を選んでいきます。

アシステッドハッチング

受精卵を囲んでいる透明帯が硬かったり、厚かったりしますと、成長しづらくなり、着床しにくくなります。
アシステッドハッチングとは、透明帯を薄くし、着床率を向上させる方法です。

よくあるご質問