TOP > NEWS > スタッフブログ

スタッフブログ

「もう一度妊娠したときのためにできることはありますか?」

_20170327_134023

前回のブログで“流産の80%は受精卵の染色体異常によるものです”

とお伝えしました。

ほとんどの場合はこのことが流産の原因なのですが、

この他に、流産に関わるリスクというものがあります。

子宮の形や内分泌の状態、

血液の固まりやすさやご夫婦の染色体が

流産のリスクと言われています。

そういったリスクがあるかどうかを確認する検査がありまして(不育症の検査といいます)、

当院で受けていただけますし、流産を繰り返された方には説明もしております。

検査の結果、もし何らかのリスクがあると分かった場合、対処できるものもあるのです。

実際のところ、リスクがあった場合に相応の対処をすることで妊娠継続率は上がります。

そして、気持ちの上でも、

「もう一度妊娠したとき、リスクを防ぎながら過ごせるから、今度は大丈夫かもしれない」

と思えることができたら、少し安心材料になるのではないかな、と思っています。

 

命が宿っていなくなってしまったあと、

誰かに説明するのは難しいような感覚があったり

いつもよりも気持ちの揺れ具合が大きくなる方もおられます。

このタイミングで、もし、周りの人の妊娠のお知らせなどがあったならば、

そのお知らせの衝撃はとても大きいものなのでは、、、など思っています。

そういったときは“明るく周りの幸せを喜ぶ自分”にはしばらくおやすみしてもらって、

淡々とやっていきましょう。

“ちょっとブラックな気持ち”の自分がいたり

自分を責めたり他人をうらやんだりする気持ちもあるかと思いますが、

そういった気持ちになる自分にも「OK」と言ってあげてください。

妊娠のことを考えてしまいそうな場面や子どもの話題が出そうな場面は、

思い切って避けちゃうことも一つです。

「わがままかもしれない」と心配になるかもしれませんが、

まずは“自分が安心していて少しでも楽な状態”で過ごすことが一番だと思います。

また、そんなふうに思ったり考えたり、頭に過ぎったり身体で感じたりして、

「困ったなあ」と思ったときは、カウンセリングルームの話しに来てみませんか?

 

流産後に

カウンセリングを受けることで、

もう一度妊娠されたときの妊娠継続率を上げると言われています。

身体と心は繋がっていますので、

心の方からも身体の状態を整えていくことができます。

 

もう一度頑張ろうと思うときに、

こういったことも参考にしていただいて

より心強く進んでいただけたればいいな、と思っています。


「どうして流産になったのですか?」

1488709630900

 

妊娠をしたけれども育たなかったとき、

みなさん「なんでダメだったんだろう」と思われます。

実は、流産の80%が、受精卵の染色体異常によるものと言われているので、

ほとんどの場合がそこまでしか育てない卵だったということなのですが、

このことを耳にされていかが思われますか。

「そういう原因なら仕方がないし、もう1回頑張ろう」と、気持ちを切り換えられそうでしょうか。

はっきりした原因が分からないと

どれだけ「たまたま起こったことです」と説明をされても納得がいかない時もありますよね。

もしかしたら

「あの時に身体を動かしたからだ」とか

「母親になれる自信がなかったから」と、

自分の中に原因を探してしまうかもしれません。

流産は自分の身体の中での起こったことなので

どこか“自分のせい”に感じてしまう気持ちもありますよね。

 

やっとの妊娠で

周りの人の喜ぶ顔や

自分の中での救われた想いが

駆け巡ったあとの出来事で

気持ちが大きく揺れてなかなか現実についていけないかもしれません。

でも、1つ、これだけは大切にしていただきたいのです。

“自分のせいにしない”こと。

 

人生では、自分が引き起こしたことではない出来事にもたくさん出合います。

また、命の誕生であったり、人の生死には、

納得のいかないことがよくあります。

そういったことが起こると混乱しますし、どう受けとめていいのかわからなくなりますよね。

そういう時はついつい、何かのせいにしたり理由をつけて受けとめてしまいがちなのですが、

“起こったことを、ただそのまま受けとめていくこと”が大切なのでしょうね、と思うのです。

 

悲しい気持ち、悔しい気持ち、自分だけつらい想いばかりしているのではないか、という気持ちが

湧いてくるのは当たり前だと思います。

けれど、時間が経てば何か別のことで笑える自分も出てきます。

なので、まずは、ゆっくり眠って心身を休ませて

ご飯はできるだけ誰かと楽しみながら食べて心身にエネルギーをあげてみませんか。

流産のことを考えずに過ごせる時間をもつようにしてみるのもいいかもしれません。

時間が経っても、流産のことを思い出すと涙は出てくるかもしれませんが、

トータルで振り返ってみたら少しずつ落ち着いていくはずです。

元通りの自分ではなく

その経験があったから、よりパワーアップした自分になっていくのではないかな、と思っています。


「私以外にも流産になる人はいますか?」

_20170309_122214

「やっと妊娠できたけど、育っていかなかった…」

赤ちゃんを望む中でそういった思わぬ悲しみに出合うことがあります。

流産は、待望の妊娠が叶ってトンネルを抜けて世界が変わったような感じを味わっている時に

不意に知らされます。

聞いたときは「まさか」と思いますし、悲しみもとても大きいですよね。

 

1回の妊娠に対する流産率は38%と言われています。

この数字をどんなふうに思いますか?

100件の妊娠のうち、流産にならないのが62件ということですよね…。

初めてこの確率を知ったとき、私は「こんなに多いんだなあ…」と思いました。

 

当院のホームページに、“卒業された方の声”というページがあります。

当院で妊娠されたみなさんが卒業される日に一言頂戴しているものなのですが、

その中に流産の経験に触れておられる方が何人かいらっしゃいます。

もちろんそのことに触れておられない方もいらっしゃいますので

実際はもっとたくさんおられることになります。

流産の経験を友達から聞くことって、あまり多くありませんよね。

その後、新たな命を生み出されてから「実はこの子の前に流産してるねん」

と言われることは、まだあるかもしれませんが…。

 

周りから流産した話を聞くことはあまりないので

「なんで自分だけ…」とどうしても思いがちになりますよね。

けれど、周りには、「なんで自分だけ…」と流産のことを言わずに

同じようにご自身の中で悲しんでおられる方がいらっしゃいます。

そして、流産のあとはもう一度妊娠していくことを怖く感じる方が多いです。

2回流産を繰り返された場合は特にそう感じられているように思います。

どうしても「もし、また流産したら…」と考えますよね。

あのつらさはもう身に起こってほしくないですもの。

卒業された方も、そういった気持ちを抱えつつ、

それでも無事の出産を望んで通院を続けておられたのだと思います。

 

流産後の妊娠に、カウンセリングが有効だといわれています。

流産の体験を誰かに話すことはとてもエネルギーのいることだと思いますので

なかなか受けにくいところがあるかもしれません。

「話すと泣いてしまうから受けない」と思うこともありますよね。

当院でのカウンセリングは、

特に“不安”や“悩み”に限った話をする場所というわけではありません。

次の妊娠まで、

この先どうしていくか答えが出るときまで、

または、今よりも主体的に生きられるように、

ただ“自分のことを話せて状況を知らせることができて一緒に考えたりできる場所”と

思っていただけたら、と思っています。

 


“カルテット”から、夫婦関係を振り返って。

_20170227_082833

今シーズン放映中のドラマ「カルテット」の第6話がネット上で盛り上がっていたようで

ネットでの盛り上がりだけでしたら特に気にならないのですが

スタッフや友人の間でもその話になると盛り上がるので

きっとたくさんの方が「わかる~」と思ったりドキッとしながら観ておられたのだと思います。

 

ご覧になってない方もいらっしゃるかもしれませんが、

第6話は、松たか子さんが演じる真紀さんとその夫さんの

出会いから結婚、そして夫が家を出て行くところまでのやりとりと心情が

とても繊細にそしてリアルに描かれていました。

夫は、恋人のような関係でいたかった。

妻は、家族ができてうれしかった。

理想とは違った現実に物足りなさを感じたり

相手を想っての言動が相手には嬉しいことではなかったりして、

すれ違いが一つずつ積もっていって、気づいたときには大きくなっていました。

 

夫婦で居続けることって、とてもむずかしいですよね。

相手が自分の一番の理解者だとしても、お互い違った価値観をもっていますので、

こだわりも、望みも、大事にしている感覚も、違っています。

自分が相手との関係を良好だと思っていても、相手もそう思っているとは限りませんし、

その逆で、自分が相手との関係に物足りなさを感じていても、相手もそうだとは限りませんよね。

自分がいいと思っていることを相手が同じ温度で共有してくれたら

それはとてもラッキーな瞬間なのでは、と思います。

それが当たり前ではないですものね。

 

ドラマを観ていて、

「どうしたらここまですれ違わずに済んだのだろう」

と、考えられた方も多かったのではないでしょうか。

私は、別居や離婚も選択肢の一つなので、「避けられるなら避けなければ」とは思っていませんが、

“お互いが夫婦でいたい気持ちがあるけれどもすれ違っていっている”のならば

なんとかできたらいいな、と思いますものね。

みなさんは、何かいい案が思い浮かびましたか?

 

“相手の靴に足を入れてみる”

―相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じること―

これはカウンセリングのアイデアの一つです。

相手の靴、旦那さんや奥さんの靴に足を入れているところを想像してみてください。

相手の靴に足を入れて世界に立ってみると

見えるもの、聞こえるもの、感じることが違ってきますよね。

相手は、自分のこういう表情を見てたんだ。

相手は、自分の話をこういうふうに聴いていたんだ。

相手は、自分の態度や言葉に、こんなふうに思ったのかもしれない。

普段の自分は気づかないことにたくさん気付きませんか?

「あのとき私は不満に思ったけど、相手はこう思っただろうな」

「あのとき私は何気なく断ったけど、相手は私の想像よりがっかりしたかもしれないな」

など、いろんな発見があるかもしれません。

“私が相手だったらどう思うかな?”という想像と、

“相手の靴に足を入れてみる”という想像では、

後者の方がより相手の感覚に近い想像ができるように思っています。

 

 


「みんなが頑張っているから、私も頑張ります」

_20170217_112804

三寒四温、本格的な春にむけて季節が移ろいでいますね。

日が暮れる頃の景色が、なんとなく春っぽくなってきたように感じています。

気温差が大きい日々になりますので、みなさん体調にはお気をつけくださいね。

 

子どものころ、家族や先生から

「ほら、周りのお友達はみんなちゃんとしてるよ!○○ちゃんもちゃんとやらなきゃ!」

と言われたことが誰にでもあると思います。

そう言われると、自分だけが周りと違ってはいけない気がして、慌ててちゃんとしますよね。

“みんながやっているから、私もやる”

“みんなが頑張っているから、私も頑張る”

こういった考えは、いつの間にか当たり前に私たちに浸透しましたし、

そういった考えが励みになってやってこれたことはたくさんありますよね。

 

例えば、「お友達もみんな頑張って治療しているから、私も頑張ろうと思って」と

周りの人たちの通院が自身の通院の後押しになっていたり、

体外受精にチャレンジするときに「たくさんの人がやっていることだし、大丈夫。私もできる」

と、心強く一歩を踏み出せたり。

“みんな~だから”と思うことが励みになったり、安心感や一体感が生まれたりと

気持ちの支えになってきたのですね。

 

一方で、先日観た劇の中に

「“みんな我慢してるから我慢しよう”ってつらいじゃないですか」というセリフがありました。

どういうことなのか想像してみたのですが、

“みんな~だから”には、ひとりひとりがどのように感じているのか、ということが含まれないのですよね。

“みんな~だから”、「そうすることが良い」「そうしないといけない」と思って行動すると

「私はこんなふうに感じているんだよ」という気持ちは置いてきぼりのように思います。

あのセリフは、「そこに“本当の自分を生きられないつらさ”が隠れているんだよ」

というメッセージだったのかなあ、と想像しています。

“みんな~だから”と思うことで、自分を鼓舞することもできれば、

自分の本当の気持ちを曖昧にしていることもあるのですね。

 

振り返ってみると、“みんな~だから、私もこうする”と思っていることって、よくあるんですよね。

そう考えることで、自分の気持ちを高めたり勇気をもらったりと“わくわく”しているのか、

それとも、どこかで自分の本当の気持ちを呑み込んでいるのかは、場合によって違うものです。

自分の気持ちを置き去りにしていないかどうか、

自分も本当にそうしたいと思っているのかどうか、

自分が感じていることを大切にしておきたいな、と思っています。


男性の気持ちを知ることはできるでしょうか。

一月半ば頃から定期的に雪が降っていましたが、暦の上ではもう春ですね。

IMG_20160210_095006

さて、私は先日、男性の不妊のこと、生殖のことやセクシュアリティをテーマにした

人文社会学系の研修会に参加してきました。

男性は不妊治療をどのように体験しているのか、などについて

インタビューや本、メディアなどの情報を元に論じられていました。

発表されている方々は体験者というわけではなく、

研究として、また現場からの報告としての発表でした。

 

その中に泌尿器科に通われている男性へのインタビュー調査がありました。

数人の方がインタビューに協力されて、

精子に原因があると分かったときの気持ちや手術をうけるかどうかの逡巡、

奥さんに対してどう思ったか、周りの人には知らせたか、などについて

ご自身の体験を語られていました。

協力された方は、男性不妊は一般的にはまだ情報が少なくて孤独だと実感されて、

社会的認知の広まりを目的としてインタビューを受けられたようです。

協力された方は無精子症や乏精子症で通院されていた方で、

勃起障害などの性機能障害の方の協力はいただけなかったそうです。

“男性不妊にあてはまると男性性が否定されているように感じるのではないか”という想定もありますが、

この調査では、男性は「精子がないのは病気だから」と生殖機能と性機能を分けて捉えておられ、

夫婦生活については特に問題なく語られていたことから、

“性機能には問題がないことで男性性を否定せずにいられるのではないか”と示唆されていました。

 

男性が検査や治療への協力に抵抗を感じていらっしゃると

女性としては「女性は何回も内診受けてるのに…」と思ったりもしますが、

“男性にとってはどういった体験になるのか”を想像すると、

物理的に“ただ精液を提供する” だけでなく、男性性が揺さぶられる体験になるかもしれないのですよね。

 

その後、この研修会の感想を男性の知人と話すと、彼は、

「男性の気持ちって言っても人それぞれじゃないですか。

そんなふうにどこかで話されていること事態が余計に決めつけることになるんじゃないですか。

夫婦でどれだけコミュニケーションとれてるか、にもよるし。

そもそも結婚に何を求めているのか、にもよるし。」

と、一蹴しました。

 

男性側の気持ちの“傾向”や“パターン”を知っていると、参考にはなります。

「こういう場合、男性ってこう思うんじゃないかな」と想像して関わり方を見つめなおすことができます。

なぜ旦那さんとの間に温度差があるのか、納得できる理由が見つかるかもしれません。

ただ、知人が「人それぞれ」と言ったように、

物事をどう受け止めるかについてはその人の価値観や生き方によるもので、一人ひとり違うと思います。

結局のところ、男性の気持ちではなく旦那さんがどう思ってるのかを知っていきたいですね。

 


タイミングの日は伝えた方がいいですか?

_20170120_151402

旦那さんに「この日にタイミングとってって言われたよ」と言いづらいと

毎周期タイミングをとることが大変ですよね。

夫婦生活が週に何度かあるご夫婦でしたら

こちらから言わなくても自然とタイミングが重なるかもしれませんが、

夫婦生活の回数が少ないご夫婦や仕事が忙しい場合は

お互いが“タイミングの日”を意識しないとタイミングが合いにくいですよね。

 

“旦那さんにタイミングを伝えたら旦那さんがプレッシャーを感じてできなくなる”

といったエピソードを聞いて、伝えることを迷われる方が多いようですね。

全ての旦那さんが「誰かに言われてするなんて…」と否定的なわけではありません。

「いつがいい日か教えてもらわないと分からない」と思ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

これは、旦那さんが夫婦生活をどう思っていらっしゃるのか、

そして、妊娠のこと(機序や確率のこと)をどれくらいご存知か、

妊娠をどれほど身に迫って考えておられるか、というところでも

スタンスが変わってくるかな、と思っています。

奥さんの方が焦りを感じて先に妊娠のために行動し始めた場合

旦那さんは奥さんの行動に引っ張られるわけですので、

もし「赤ちゃん、欲しいのは欲しいけどもうちょっと自然に待ってみよう」

と思ってらっしゃる旦那さんだったら

“奥さんと同じ温度で進むことを期待されること”に最初は戸惑われると思いますし

状況を受け容れていかれる時間も必要ですよね。

 

ただ、旦那さんがタイミングの日もいつもと変わらないかと言うと

それはやはりどんなに現実的な方であっても多少は気負われることと思います。

奥さんの子どもが欲しい気持ちが伝わっていれば尚更、

「今日は失敗できないな」という気持ちがあるのではないでしょうか。

もしタイミングが取れなかったら、旦那さんもショックを受けられるでしょうしね。

 

タイミングをとることで、

夫婦生活が作業というか、ミッションというか、

そういった類のものになっていると感じられるご夫婦もいらっしゃいます。

自然と求め合って、という状況でなければ気分が高揚しないこともあるでしょうし、

結婚してしばらく経って、夫婦生活自体がマンネリ化している場合もありますものね。

夫婦生活をできるだけ楽しむために

タイミングの日はホテルを利用するなど、工夫されているご夫婦もいらっしゃいますよ。

 

タイミングの日は伝えた方がいいかどうか、も含めて

やはりご夫婦で話し合って工夫して出された答えが正解ではないかと思います。

“やってみないとわからない”が正直なところですので

もしご夫婦で出した答えがどちらにとって負担であったのならば

またそのときに話し合ってどうするか考えて、と、

そういったやりとりの軌跡がご夫婦の正解なのではないでしょうか。

 


変化についていくこと、変化を楽しむこと

 

_20170113_140350

 

結婚や転勤で住む場所や生活スタイルが変わることがあります。

他府県から滋賀に来られたり退職などで環境の変化があった方がいらして

多くの方が「新しくともだちをつくるって難しいですよね」と仰ります。

今までの友達とは、メールや電話はできてもなかなか会えないでしょうし

これまで職場で雑談していた時間もなくなると

「気付いたら今日はレジのおばちゃんとしか喋っていない!」という日が

日常になってきますよね。

オリエンテーション(カウンセリングのご紹介)をしているときに

「こんなにゆっくり人と話したの久しぶりです」とお聴きすることが珍しくなく、

お仕事や習い事がなければ、あとは美容室などで接客してもらうときくらいしか

おしゃべりする機会ってないものなんだなあ、と、思いました。

 

中には「友達と話さなくても、独りの方が楽だから」と思ってらっしゃる方もおられますし

「友達と話さないといけない!」というわけではもちろんないのですが

そういった環境や状況の変化に慣れていくことが、時に難しかったりするのだなあと思っています。

「前の場所だったらあのお店に行ってあれ買うのに、こっちでは売ってないな」のような

“生活に大きく差し支えはないけれど残念なこと”もチラホラありますし

「妊娠を優先したくてストレス避けたいから仕事はしてないんです」と

今の自分にとっていい方を選んでいるはずなのに、毎日がもの足りなく感じたりとか。

そんな中「早く妊娠したらこんなこと考えなくていいのに…」って思っちゃったり、とかね。

 

こういう時「あ、私、また妊娠のこと考えてる!」と気付くことができると

他に何か集中できそうなことをしたり、深呼吸に集中したりするなどして

思考のループからはなれることができます。

 

“前の暮らし”や“周りの人の暮らし”とついつい比べたりするものですが

“今の暮らし”だからこそ見つけられることもあるのだろうなあ、

今の状況だからこそ気づけることもたくさんあるのだろうなあ、と思ったりしています。

 

さて、今季最大の寒波がきているそうで、とても寒いですね。

明日は雪が降るかもしれませんので、来院予定のみなさま、

くれぐれも気をつけてお越しくださいね。

 

臨床心理士 間塚


2017年を迎えて。

明けましておめでとうございます。

_20170104_145809

新しい年、いかがお迎えでしょうか。

たくさんの方が気持ちを新たに、これからの自分のことやご夫婦のことを

思い巡らされたことと思います。

 

ご実家に帰省された方もたくさんいらっしゃると思います。

帰省先で、お子さん連れのご親族や妊娠中のご親族の方と

一緒に過ごされた方もいらっしゃいますよね。

そういった環境に身をおくことや、両親や義父母、親族の言葉かけや反応に

不安を感じながら帰省された方も多かったと思います。

胸がキュッとなったり、自分の対応が嫌になったり、周りの理解のなさに悲しくなったり

いろんな気持ちがあったのではないでしょうか。

気持ちを抑えて頑張られていたであろう姿を想像しています。

 

「妊婦姿の義妹にやさしくできなかったな」

「子どもが騒いでいるのに放っておく義兄夫婦が許せない!」

「孫と幸せそうに遊んでいる親の顔を見て胸が苦しくなった。」

など、できるならば引きずりたくない想いが今もひっかかってらっしゃるかもしれませんね。

今は、よく思いがちな「もう少し自分の器が大きければ…」というような気持ちは置いておきましょう。

あなたが感じたことは、あなたと同じ状況であればきっと多くの人が当たり前に感じることです。

他人にはやさしく振る舞いたかったり

同じような価値観の言動を求めたり

羨望を持ちたくなかったりするのは

人間としてごくごく自然なことではないでしょうか。

 

このようなこともお話に来ていただいて

妊娠を望まれながらの暮らしの中の“休憩所”であれたらと思っております。

今年もよろしくお願いいたします。

 

臨床心理士  間塚


ただ話してみること

気がつけば12月も後半に差し掛かってきましたね。

師走だけあって、日々が忙しく感じられる方が多いことと思いますが

いかがお過ごしでしょうか。

_20161222_150041

 

この間、お話に来られた方が帰り際に

「ただ話を聴いてほしかったんです」

とおっしゃられました。

 

特に悩みや相談はなくても

例えば病院に来るまでにあれこれ考えたこと

病院に来てからわかったことや

旦那さんとのやりとりであったり

ご家族やお友達とのおつきあいだったり

ご自身の頭の中やこころの中に浮かんでは

特に誰かに話すこともないままのことはたくさんあるものですよね。

 

そういったことを話したいけど

自分の話をするのはどこか勇気がいりますし

なにかきっかけがないと話しにくいし

相手に対してなんだか悪いなという気持ちになったり

また話してなんて言われるのか気になって

なかなか話せないという方もおられます。

 

自分が思っていることや感じていることを言葉にすることで

今よりもこころがすっきりしたりホッとしたり

自分で自分を認めることができたりするのですよ。

 

今年1年は、あなたにどんなことがありましたか?

「通院を始めた」 「体外受精にすすんだ」 

「引っ越ししてきた」 「仕事が大変だった」

一言で言ってしまうと簡単になってしまいますが

一言では収められない体験や思いがあるでしょうし

一言で言ってしまうと他の人と同じことも

中身はお1人お1人違いますよね。

 

忙しく日々は過ぎていきますので

ちょっと考えたり困ったり頑張ったりしたことも

数日経てば過去のことになっていきます。

そうしたらもうそのときの自分のことも過去になっていくのかもしれません。

気をつかったり、我慢したり、

頑張ったり、勇気を出したり、

苦しかったり、嬉しかったりした

いろんな自分がいたはずなのです。

今年の自分に「よく頑張ったね」と労う時間を

もっていただきたいなと思います。

 

臨床心理士  間塚


1 / 212
よくあるご質問